自分宛てメモ
LinuxMint のリポジトリ(というより、Ubuntuのそれ)にあがっているバージョンは些か古くて動作しないアプリケーションもあるので、最新版にアップデートすること。


方法はwinehqに書かれている。https://wiki.winehq.org/Ubuntu

Mint17->trusty, 18->xenialを間違えないこと。


この記事を書いている時点で、stableは2.0.1である。ちなみにSlitazのリポジトリにあるのは2.5だった。

 

青空文庫リーダー(以下、本プログラム)を作り始めてからかなりの時間が経過しました。自分が使うアプリケーションであれば好き勝手に作れる、というのが長続きした理由の一つです。加えて、青空文庫を読む、という実用性(というか必要性)もあります。

 

日本語の縦書表示にはPangoを用いています。開発を始めた頃は、CJKの取り扱いが雑でgravityの効き具合が日本語の慣用に沿っていないとかいろいろありました。
その中の一つに、均等割付(justify)が日本語相手だと動かない、というのがありました。使い方が悪かったのか、どうやってもダメで本プログラムには未だ実装されていない機能の一つです。これができないと、例えば禁則処理の結果1行に収まる文字数が既定値より小さくなることがあり、均等割付を行わないと行末が揃わず見苦しくなってしまいます。(追記 このような場合、本プログラムでは行中にある句読点直後のスペースを調整して行末を揃えます)

 

開発環境が当初のPuppyLinux571JP(Ubuntu Precisey由来)からLinuxMint17系(Ubuntu Trusty派生)に代わり、ライブラリもアップデートされているので、久しぶりにpangoの挙動確認をしてみました。なお、表示にはpango-viewを使っています。

 

結果は上図(※)の通り。一見、日本語の均等割付が動作しているように見えます。


しかし、よく見るといろいろ不自然な点が。2行目の"許可しない局"で、"可"と"し"、"い"と"局"の字間が狭すぎるように思います。
ソースコードを読んだわけでないので確定的なことは言えませんが、想像するに"漢字"と"かな文字"を厳密に別グループとして扱っているのでこうなっているのでは、と。(※しかし、ballpen、は我ながら酷いですね。そんな筆記具ねえよ、とか言われそう)

 

試しに全部漢字で埋めてみると、次の通り、きちんと均等割付になりました。

 

動作が(仕様なのかもしれないが)適当すぎて使いどころが思いつかないですね。

どのみち、本プログラムではフリガナの処理がありますし、括弧類の送り量の調整も行わないとならないのでそのまま使うわけにはいきません。

 

英文ワードラップのほうは有用に思えますが、描画域(例えばcairo canvas)にどこまで出力したか、を管理しないと正しくページ送りできませんから、結局呼び出し側の負担は然程変わらないと思います。
Pango Layoutを実行した段階で描画サイズ(縦横のピクセル長)が判るので、それの配置場所を勘案してページ溢れしているかどうか判断する、ということになりそうです。問題は、溢れないようにするにはどの辺で区切れば良いか、それをどうやって調べるか、です。

 

Spotifyで昔の音源はかなり聴けるようになったので、思い切って手持ちのCDを処分することにしました。

 

しました...

 

が、いざ処分しようと広げてみると買った時や聴いた時の思い出が蘇ってきて直ぐには片付かないのですね。苦肉の策として、ごく最近買ったもの、それもメジャーレーベルじゃなくてインディーズに近いようなもの(ほとんど初音ミク関連)、及び非公式ライブ音源(ほとんどジミーペイジ関連)はそのまま残し、その他はケースとライナーノートのみ捨ててディスクそのものは別途保管することにしました。まあ、処分したライナーやジャケットデザインのほうが貴重ではありますが。

 

ケースを開けてディスクを取り出していて気づいたのですが、昔のCDってオマケが多かったんですよ。VANHALENのライブ盤にボーナスとしてCDシングルが同梱されていたことを完全に忘れていて、見つけて驚きましたね。再生した覚えないし。
ピンフロの原子心母には例のレシピが書かれたメニューカードとか、パープル(第7期、確か発売と同時に買った)なんかはとてもじゃないが恥ずかしくて貼れないようなジャケットデザインと同じ図柄の透明シールとか。これにはさらにリッチーブラックモアサイン入りギターピック(勿論複製品)というのが付いていたはずで、自分はギター弾かないので弾ける兄弟にあげた覚えがあります。

 

とまあ、思い出に浸るのはこのくらいにして、明日でもCDファイルを買ってこよう。

 

意外だがJeff beckにも販促用オマケがあった。写っているのはアルバム「Who else!」に付属のシールとミニポスター。これも、今日まで存在を忘れてました。

ポスターに使われている写真はモノクロ写真のセオリー通りに撮影されてますね。

 

 

 

自分宛てメモ

 

xrandr --output VGA1 --gamma 1.53:1.25:1.350 --brightness 0.6

 

どうやっても合わない。そもそも扱いうる色空間が違っているような。

自分宛てメモ

 

Slitaz側にftpサーバーを立ててアクセスする。

 

サーバーにインストールするもの
pure-ftpd
sftp-server

/etc/rcS.conf のRUN_DAEMONSに pure-ftpdを追加。

 

準備
予めクライアントからsshを使って公開鍵認証でログインできるように設定しておく。

 

クライアント側(LinuxMint,Slitaz共通)
gFTPをリポジトリからインストール。

設定ダイアログのネットワークタブで「デフォルトのプロトコル」をSSH2に設定。
同じくSSHタブの「SSHユーザー名/パスワードを要求する」のチェックを外す。

後は、ホスト名にサーバーアドレス、ポート番号は22、ユーザー名を設定し、パスワード欄は空白のままEnterキーを押下すれば接続する。(SSH2になっていることを確認)

 

クライアントにSlitazを使う場合の追加設定
SSHがdropbearでは機能不足のようで接続できなかったので、別途opensshをインストールする。リポジトリにも用意されているが、一部dropbearのパッケージ内容と重複するので自前でビルドして任意のディレクトリ(例えば /opt/opensshとか)にインストールしたほうが良い。
gFTPの追加設定

設定ダイアログのSSHタブの「SSHプログラム名」にインストールしたopenssh(例えば /opt/openssh/bin/ssh 等)を設定する。

 

取り敢えず、ULTRON 40/2SLはヨドバシカメラに修理に出しました。いくらかかるか分かりませんが。修理代にもポイント還元ってされるのかしらん。

 

部屋に戻って、改めて他のレンズを眺め回したのですが(なんか、ノイローゼになりそう)、Auto 105/2.5 が黴っぽいです。一見、塵に見えるのですが。6x6のIkontaも見てみましたが、こちらも僅かながら白っぽくなっていました。もっとも、フィルムの上がりを見る限りどうということはありませんが。

これらは使用頻度が高いので防湿庫に収めず、常時室内(だいたいカメラバッグの中)に置いていたものです。

 

さらに、NikonS2用のカラースコパーも微妙。これは例の乾燥させすぎを嫌って乾燥剤の使用量を減らしていた防湿庫に入れておいたものです。このレンズはほとんど使っていないので、稼働率をあげたいところです。

 

放っておけば悪くなる一方なので、ULTRONが帰ってきたらAuto105/2.5もメンテに出そうと思います。ポイントが付くならニコンじゃなくてヨドバシに出そう。

 

画像整理アプリケーションであるgThumbについて。

 

些か古くなってしまったけれど、過去にはUbuntuで採用されていたこともあった(ような気がする)。

また、LinuxMintの最近のバージョン(18)では、フォークしたバージョンであるPix(Xappsの一つ)を同梱している。

 

LinuxMint 17.3 のリポジトリに上がっているのは、3:3.3.1(3.2.7-0ubuntu1とも)。

それなりに使えるのだけれど、メインで使っているThinkPad R500ではCPUが旧いためか動作のキレが今ひとつ。

で、ものは試しと(確かGTK2を使っている最期のバージョンだったと思う)2.14.4にダウングレードしてみることにした。このバージョンはSlitazを入れたノートPCでも動かしていて、raw関係以外(後述)には特に目立ったバグも無いことを確認している。

 

 

コンフィギュレーションはこんな感じ。取り敢えず画像を確認できればいいのでgstreamerとかschemasとかを切る。

export CFLAGS="-march=native -mtune=native -O4";export CXXFLAGS=$CFLAGS

 

./configure --prefix=/usr/local --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var  --disable-gstreamer --disable-gnome-3 --disable-schemas-install --disable-gnome-keyring --disable-libbrasero

 

 

 

出力は以下の通り。exiv2等、依存関係にあるライブラリについてはLinuxMintのリポジトリからdev共々事前にインストールしてある。

なお、libopenrawを使おうとするとコケるので代替としてdcrawにしてある。これは事前に別途ビルドしてインストールしなくてはならない。もっとも、raw処理はDarktableを使っているのでgthumbのプラグインは切ってしまっている。

 

Configuration:

    Source code location : .
    Compiler             : gcc
    Prefix               : /usr/local
    CFLAGS             : -march=native -mtune=native -O4 -fPIC -DPIC -Wl,--as-needed  -Wall -Wcast-align -Wtype-limits -Wclobbered -Wempty-body -Wignored-qualifiers
    Debug                : no
    Run in place         : no
    Build tests          : no
    Use libunique        : no
    Exiv2 support        : yes
    JPEG tools           : yes
    TIFF tools           : yes
    Clutter support      : no
    GStreamer support    : no
    Use libopenraw       : no (uses dcraw)
    Web services support : yes
    Use GNOME Keyring    : no
    Burn disc support    : no
    Web albums           : yes
    SM client support    : xsmp
    Map support          : no
    GNOME 3 support      : no

 

 

動かしてみたところ、期待通りの軽さであった。手元にはcore i5を積んだノートPCもあるので何時までも旧いハードにこだわる必要は無いのだけれど、動くものは最期まで丁寧に使いたいなあ、と。

 

 

 


Search

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM