トレースバックを効かせていると、こんなにド派手なエラー画面が表示される。(右下の時計はxfceのパネルです、念の為。)

 

とりあえず、サーバーに問い合わせることでグラフを描いて返すようにはなった。余り格好良くないけど。

しかし肝心のセンサーノード側で問題が生じており、結構深刻な状況だったりするのですよ。

何らかの形でコンピュータに関わっていれば計算誤差については解りきった事だけれど、一般の人には理解しずらいらしい。無理数と勘違いすることが多くて、こちらとしても面倒くさいのでそのまま放置している。一般事務で無理数なんか使わない。消費税等料率が関係してくる場合に発生するが都度丸める(円未満切り捨て、切り上げ、四捨五入のいずれか、消費税の場合はいずれかを一度選択したら以後変更できなかった、はず)ので、冷静に考えれば気がつくと思うのだけれど。

 

コンピュータでの内部表現に基づくので、例えば整数しか扱わないのなら結構な数まで問題ない。厳密にはBCDにしてきちんと管理すれば良い(とはいえいつか誤差は生じるので本質的な解決にはならない)のだけれど、処理が重くなることと、実は2進のままでも問題無いかのようにごまかせるので余り積極的に採用されないようだ。最初からBCDにしていたのはポケコンに搭載されていたBASICくらいか。

 

いずれにせよ桁数の管理は利用者で責任を持たなくてはならないし、そのためには計算機の挙動を理解する必要があるので、ちょっと調べてみました。

 

実行環境は Thinkpad R500(CPU core2duo),OSはLinuxMint17.3(amd64, xfce)です。

 

例題は1.2から1.1を引いて差の0.1を求める、というもの。そして、求めた差のコピペをどのように扱うか、です。

 

 

Libreoffice5.3のcalc


一見正しく計算しているように見えますが、計算結果(D)のコピーで馬脚を現しています。内部的に誤差を抱えたままで表示の際に丸めているようです。

 

 

gnumeric 1.10.17


gnumericの旧バージョン、gtk2時代の最終版です。
これはちょっと分かりにくいです。計算結果(D)の時点で誤差を表示していれば話は簡単なのですが、そこでは見かけ上丸めておいて、後段の計算(C-D)では誤差を含んだまま計算しています。さらに、値のコピペは丸めた後の値を持ってきています。表が大きくなった場合、誤差がどこで生じたか見つけるのが大変そうです。

 

 

Googleスプレッドシート

Libreofficeと同じ。誤差どうのこうのより、手元の環境ではレスポンスが悪くて使う気になりません。

 


Python2.7


これはちょっと考えものです。生で表示すると誤差あり、printを通すと誤差丸め、当然丸めきれないこともある、さらに書式指定だと桁数が不足して符号だけ示して終わる、もうバラバラです。いろいろできるようにしておいたからユーザーの責任で選んで使え、ということでしょうか。

 

 

Lua5.1.5


Python2.7と同じですが、結果を表示するにはprint()を要するので混乱は多少緩和されています。

 

 

Python3.4.3


自分では使わないのだけれどインストールした何かが使っているのか、HDDに存在するので試してみました。これは流石に首尾一貫しているようです。

 

 

Processing 3.3.3


インストールしたはいいが、まったく使っていないProcessingです。Pycairoに辟易しているのでいい加減こちらに移動したいのですが。
折角なのでコンソールではなくてウィンドウに表示してみました。nfの使い方を間違えたのか、誤差の様子が他と違うようです。
「浮動小数点(float)は小数点以下4桁くらいまで精度が保たれます。」(※)と明確にされていますのでこれで問題ないと言えます。

 

 

しかし、結構な金額を出して買ったPCが小学生でも間違えないような引き算を(事情はどうあれ)間違えるというのは情けないですね。

 

 

 

 

※Processingをはじめよう第2版 オライリー・ジャパン / オーム社 p227(Processingクイックリファレンス - データ型)

自分宛てメモ

 

/pale-moon-localization forked from MoonchildProductions/pale-moon-localization

 

https://github.com/JustOff/pale-moon-localization/releases

 

 

ああ、我が日章旗は何処...

 

 

ブラウザはPalemoonを常用しています。

久しぶりにチェックしたら、27.4.1にバージョンアップしていたので早速アップデートしたのですね。

 

このブラウザのいいところは、バージョンが変わっても見かけがほとんど変わらないところ。毎日使う道具は本来こうあるべき、と思います。

 

しかし、今回は違いました。起動したら英語モードになっています。慌ててabout:configで言語設定をチェックしてみますが、特に問題なし。

ロケールファイルの互換性が崩れたのかしらん。ならば、とロケールファイルを取りに件のページを開いたらですね。

 

日本だけハブられてました。

 

 

最近はネットの自動翻訳の精度があがって、オンラインなドキュメントとかは普通に読めたりして驚くことも多いのですが、UIの翻訳はまだ手作業なんでしょうね。そういえば、機械翻訳の出力をほとんどそのままあげた輩がいて、ライセンスに絡んで大騒ぎ(もっぱらLinuxディストリ界隈)になったのは今年の上半期だったような。

 

 

各方面で翻訳作業される方に、この場を借りて感謝申し上げます。

 

 

とりあえず、使えないわけではないのでしばらく我慢することにしましょう。

 

自分宛てメモ


追加したいアプレットのdesktopファイルを改変する。

 

例)system-config-printer (red hat) を追加する場合

 

/usr/share/applications/system-config-printer.desktopの
Categories=に、
XFCE;X-XFCE-SettingsDialog;X-XFCE-HardwareSettings を付け加える。

 

 

何をどのように加えるかは
/etc/xdg/menus/xfce-settings-manager.menu を参照

自分宛てメモ


原因:thunar-settings.desktop内のIcon指定にて、存在しないアイコン(file-manager)を参照している。
対策:アイコン側にシンボリックリンクを出す(例えば/usr/share/icons/hicolor/48x48/apps)か、.desktopを書き換える。

 

自分宛てメモ

 

参考URL

http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20081225/p1

 

 

既存のMIMEの変更は、MIMEタイプエディタを使う。(LinuxMint 17.x xfce4 なら設定マネージャにある)

Qt5ベースの画像ビューア、nomacsについて。

 

手元にはモスボール化しているノートPCが2台あって、両方共OSはLinuxMint18.2である。セキュリティアップデート及びバッテリーの点検の為に時々引っ張りだしているのだけれど、その際、ついでに先日見つけたnomacsをインストールしておくことにしました。

 

LinuxMin18.2は上流がUbuntu xenial だけあって、公式リポジトリにもちゃんと登録されていました。但し、バージョンが3.0と些か旧かったので、17.3にインストールした時と同様、nomacsのサイトに書かれている方法でイントールしました。

 

スクリーンショットを見る限り、漢字とかな文字でフォントが引き裂かれているということはなさそうです。もっとも、このPCには余計なフォントは入れていないのですが(あとから入れたのはTakaoEx系と花園明朝のみ)。

 

SSDには自前の画像ファイルがまったくなくて、しかたなくOSの壁紙フォルダ(/usr/share/xfce4/backdrops)を開いてみました。撮影機材のexifが残されているのが結構あって、シェア(?)はCanon、Nikon、少し差をつけてSony、Pentaxが2,3枚、FujiとOlympusが1枚づつ。ライカやハッセル、それにAppleが含まれていないのが意外。


 

emacsの親戚かと思ったら、画像ビューワだった。

 

LinuxMint17.3(xfce,amd64)を常用しているが、画像ビューワに関しては決定版といったものがない。

 

導入直後に標準装備のビューアを外してxfce4標準のristrettoを入れてみたが、これは本当に見るだけしかできない。


それでは、とgthumbを入れたのが、ツールキットがgtk3ということもあって見た目とレスポンスが今ひとつ(なお、これはフォークされてMint18以降標準ビューワとしてインストールされた、はず)。

仕方ないのでgtk2時代の最終バージョン(2.14.4)を自前でビルド、静止画専用に仕上げて使っているが、レスポンスが改善されただけで必ずしも使い勝手が良いとはいえない。特にレベル調整を行うのにガンマ調整を使わなくてはならず、間違っていないとはいえ世間の常識[要出典]とは乖離している。

 

さて、表題のnomacsである。ツールキット(というよりプラットフォームと呼ぶべきか)にQt5を使っているので、Windows,mac,Unix Likeに幅広く対応している。表示もヒストグラムなんかは透過表示される等今風[いつ?]であり、日頃gtkの古臭さに辟易しているので気分転換には好都合である。


まだ歴史が浅いのか、Mint17の標準リポジトリには見当たらない。nomacsのサイトにはlaunchpad経由でのインストール方法が示されているので、その通り手順を踏めばインストールされる。

 

問題はUIが文字化けすることで、メニューから起動するとかな文字が豆腐になる。これのせいで、最初wineで動いているのかと勘違いしたくらいである。

 

仕方ないので端末から起動してみるも、やはりかな文字がおかしい。かつて遊びで入れた「きろ字」が割り当てられている。豆腐よりマシだが、違和感ありすぎである。

 

設定するツールもあるらしいがUbuntuだとXenial以降になるようだ。LinuxMint17の上流はtrustyだから、そのまま使う訳にはいかない。

 

まあ、使えないことはないのでこのまま試してみようと思う。

 

ヒストグラムと画像情報を表示。ストロボは焚いてないぞ。バグかしらん?

 

絶賛文字化け中。久しぶりだよな、こういうの。Linux使い始めた頃はちょくちょく遭遇したもんです。

 

先日設定を変えたばかりだったが、再度、一昨日あたりからこの設定に変えてみた。常用しているPCはRAM2GB、Swap2GBで、メモリが尽きてくると延々とスワップし始めて仕事にならない。
ので、早い段階からこまめにスワップすることでダメージを減らそうという目論見。


取り敢えず様子を見る。


Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM