下敷き(?)になっているボディはEM。ちなみにアサヒカメラニューフェース診断室では、NikonFEとの組み合わせで取り上げられているが余り良い評価ではない。

 

先月は誕生月でした。ここに具体的に書くのも憚られる、そんな齢になりましたですよ。自分で齢数えて驚きますな。

 

だから、という訳でもないのですが久しぶりに覗いた中古カメラ屋でレンズを衝動買いしてしまいました。それもMFニッコール。これ以上135(ニコン一眼レフ)の機材を増やしても仕方ないと思い、最近は控えていたのですが。

 

ブツはAi50/1.8。遂にMFで1.8を手元に置くことになりました。しかしタマ数が少なくなっているのか、以前に比べて高くなりましたね。倍近い値段でしたですよ、まったく。

 

特に狙っていたわけではないのですが、買ったレンズにはDマークが入っていました。買うとき尋ねたら写真を撮るぶんには問題無い、等と適当な説明をされました。部屋に戻ってからネットで調べたらデモ機(サンプルや店頭展示とか)の印らしいです。

 

で、デモ機と一般販売向けの製品との違いは何か、というと特に無いらしい。以下、ネット上の事情通の記事の受け売りになりますが、これはかつての物品税対策らしいです。一般販売向けだと物品税の課税対象ですが、デモ機だとそれを回避できた、とか。本当かよ。だったらこうやって売ってしまうのはうまくないのでは、と思いますが既に物品税は廃止され消費税に変わっていますので大丈夫なんでしょう、多分。

 

さて、これで手元のFマウント50mmは、
Auto-H50/2, New50/2, Ai50/2, Ai50/1.8, Ai50/1.4, AF50/1.8Dとなりました。ボディに合わせる選択肢が増えたのは喜ばしいこと、なのかなあ。
Ai-Sがありませんが、手元にFAがありませんので問題ありません。かつて使い潰したF-501もAi-Sのほうが適切だったのですがAF50/1.8Dがありましたので。

 

Auto-Hはいうに及ばず、Aiの各レンズも経時変化で発色がアンバーないしイエローに転んでおりカラーでは使いにくい(モノクロではむしろ好都合)のですが、今回のAi50/1.8は一見したところ比較的抜けが良い(これが買った理由の一つでもある)ので試写に期待、です。

 

Comment





   

Search

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM