久しぶりに撮影機材を点検しました。

 

ここ1,2年アクティビティが下がっていて(というより昔が異常に高かっただけのような気が。)1年以上使っていないカメラとかあってちょっと心配だったのですが。

 

不安的中。

 

定期的に乾燥剤を交換していたにも関わらず、カビが発生していました。レンズの被害は軽微でしたが、フィルターが何枚かおかしくなっていました。一時期、フィルターもニコン純正品を集めていたことがあって(単に中古や放出品が安くかつ多かっただけ)、それらが集中的にやられてました。元々カビ持ちだったのが使用頻度が下がった為に再発したようです。

 

無水アルコールを使って拭き取ったりしたのですが、今ひとつ綺麗にならないので思い切って処分することにしました。まあ、所詮は消耗品ですし。また、写りに直接影響することから特に保護フィルターの類はほとんど使わなくなってますので。

 

軽微、と書いたレンズの方もノーダメージとはいかなくて、300mm の前玉の裏側がやられてしまいました。写りに影響を及ぼすレベルではありませんが。傷かしら、とも思ったのですが、それならとっくに気づいているはず。

次にNIkonS2用の5cm/2。元々反対側が見えないくらいのカビ玉で、ニコンSSでメンテしてもらったものですがそれからはや10年以上経過してます。S2への影響を考慮して防湿庫は乾燥し過ぎないよう乾燥剤の量を控えめにしていたのですが、それがまずかったのかも知れません。

そしてオリンパス35SP。これも写りに影響のあるレベルの曇りっぷり。元々親の使っていたカメラなので大事にしたかったのですが、大事にしすぎたようです。

 

いずれもほとんど使わないものばかり。やはりダメージを避けるためにも、道具は動かしてこそ、ということなんでしょう。

 

 

 

その一方。

 

シャッターが動作不良となり、それでも思い入れが強くて捨てるに捨てられなかったF-501に、ものは試しと電池を入れてみたところまるで嘘のように快調に動くではありませんか。

ひょっとしたら、いや、おそらくは線香花火の最期の一閃の如き、といったものなのかも知れません。であれば尚の事、きちんと死に水を取ってやりたいと思うのですな。

 

ついていたフィルターはカビてしまっていた、Ai-S 35-105と共に。梅雨空の元、最期の出撃なるか!?

 

撮影はD40とフォクトレンダーの20mm。現像はDarktable。LCDパネルの調整不良で今ひとつ仕上がりが追い込めません。

そういえば、このD40もCCDにドット欠けがあったはずなんですが、今日撮った数コマでは確認できませんでした。自然治癒したのかしらん。それ以前にバッテリーが寿命なのが問題ではあります。

 

 

 

おまけ。ニコン栄光の50mm安レンズの皆さん。(撮影はPowershot S95)

上段左から、Ai 50/1.8, New 50/2, Auto HC 50/2

下段 AF50/2D, Ai 50/2

ここまできたからには、Ai-S 50/1.8 を全て揃えてコンプすべき、か?

 

なお画面上で見切れているのはEMとE36-72(これのフィルターもカビてました)。

 

 

Comment





   

Search

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM