このレンズは中野のカメラ店で中古として放出されていたものを安く買ってきたものである。確か、箱はなかったと思うがフードとキャップは付属していた。何度かモデルチェンジしているが、これは最初期型なのでクローズアップレンズは付いてこない。

 

パンケーキレンズ、と称しているが実際は同じF値の50mmレンズと大差ない大きさである。40mmなのに開放F値を2と欲張ったのでテッサーやレトロフォーカスにできなくて(やればこの大きさに収まらないはず)変形ダブルガウスにしてあるので当然といえば当然である。

 

40mmという焦点距離は35mmと50mmを1本で兼用できるので、文字通りボディキャップ代わりに常時何らかのボディに装着して、相当使い込んだレンズであった。

 

そんな訳で先日、シャッター不調から回復した(と思われる)F-501と共に持ちだしてフィルム1本分撮ってきたのですが、先程それのスキャニングが終わったのですね。幸い、F-501のシャッターは期待通りに動作しているようです。

 

しかし、スキャン上がりの画像を眺めていて感じたことが一つ。「何かがおかしい。」

 

40/2は開放でこそ柔らかくなりますが少し絞りこめばきちんと写るようになるのですが、このコマもそのコマも、どうにもフカフカして締りが無いのですね。

これはレンズトラブルではなかろうか、とボディから取り外して改めて眺めてみたらですね。

 

曇ってました。

 

透かして天井の蛍光灯を見ただけで判るレベル。試しにペンライトで斜めから入れてみたらそれはそれはもう盛大に露見しました。今まで気づかなかったのが不思議なくらいです。

 

コシナは自社で修理窓口を持っていないので、どこか取り扱いのある店舗に持ち込むことになります。買ったほうが安いか、と思って調べてみたのですが中古で3万以上するのですね(但し初期型では無いですが)。

 

うーむ。修理に費やす位なら暗室に通いたいんだがなあ。困ったものです。

 

 

以下、曇りの様子。閲覧注意。

 

ペンライトが当たっている部分が白っぽく曇っているのが判る。当たっていないところも、同様に曇っている。レンズの内側がこの状態。

 

 

曇り部分を切り出したもの。Powershot S95はよく写りますね、ってそういうことではなくて、今回の曇の原因はご覧の通り黴でした。まあ、この位ならクリーニングで回復するでしょう。拭き傷がどの位残るかが問題ですが。

 

※以下6月11日午前8時30分追記

買ったのは2006年12月だった。税込み22800円。趣味で使っていたとはいえ、充分元は取ったような気もします。

 

久しぶりに撮影機材を点検しました。

 

ここ1,2年アクティビティが下がっていて(というより昔が異常に高かっただけのような気が。)1年以上使っていないカメラとかあってちょっと心配だったのですが。

 

不安的中。

 

定期的に乾燥剤を交換していたにも関わらず、カビが発生していました。レンズの被害は軽微でしたが、フィルターが何枚かおかしくなっていました。一時期、フィルターもニコン純正品を集めていたことがあって(単に中古や放出品が安くかつ多かっただけ)、それらが集中的にやられてました。元々カビ持ちだったのが使用頻度が下がった為に再発したようです。

 

無水アルコールを使って拭き取ったりしたのですが、今ひとつ綺麗にならないので思い切って処分することにしました。まあ、所詮は消耗品ですし。また、写りに直接影響することから特に保護フィルターの類はほとんど使わなくなってますので。

 

軽微、と書いたレンズの方もノーダメージとはいかなくて、300mm の前玉の裏側がやられてしまいました。写りに影響を及ぼすレベルではありませんが。傷かしら、とも思ったのですが、それならとっくに気づいているはず。

次にNIkonS2用の5cm/2。元々反対側が見えないくらいのカビ玉で、ニコンSSでメンテしてもらったものですがそれからはや10年以上経過してます。S2への影響を考慮して防湿庫は乾燥し過ぎないよう乾燥剤の量を控えめにしていたのですが、それがまずかったのかも知れません。

そしてオリンパス35SP。これも写りに影響のあるレベルの曇りっぷり。元々親の使っていたカメラなので大事にしたかったのですが、大事にしすぎたようです。

 

いずれもほとんど使わないものばかり。やはりダメージを避けるためにも、道具は動かしてこそ、ということなんでしょう。

 

 

 

その一方。

 

シャッターが動作不良となり、それでも思い入れが強くて捨てるに捨てられなかったF-501に、ものは試しと電池を入れてみたところまるで嘘のように快調に動くではありませんか。

ひょっとしたら、いや、おそらくは線香花火の最期の一閃の如き、といったものなのかも知れません。であれば尚の事、きちんと死に水を取ってやりたいと思うのですな。

 

ついていたフィルターはカビてしまっていた、Ai-S 35-105と共に。梅雨空の元、最期の出撃なるか!?

 

撮影はD40とフォクトレンダーの20mm。現像はDarktable。LCDパネルの調整不良で今ひとつ仕上がりが追い込めません。

そういえば、このD40もCCDにドット欠けがあったはずなんですが、今日撮った数コマでは確認できませんでした。自然治癒したのかしらん。それ以前にバッテリーが寿命なのが問題ではあります。

 

 

 

おまけ。ニコン栄光の50mm安レンズの皆さん。(撮影はPowershot S95)

上段左から、Ai 50/1.8, New 50/2, Auto HC 50/2

下段 AF50/2D, Ai 50/2

ここまできたからには、Ai-S 50/1.8 を全て揃えてコンプすべき、か?

 

なお画面上で見切れているのはEMとE36-72(これのフィルターもカビてました)。

 

 

自分宛メモ

 

狙い
ウィンドウマネージャ(WM)やデスクトップ環境(DE)をすっとばして直接アプリケーションを起動することで、OSの存在を感じさせない、専用システムっぽいUXを実現する。

 

手順
1)
/etc/slim.conf 内の sessions に、任意のアプリケーションを書き加える。
例)sessions            startxfce4, openbox,e17,jwm,xfce4,lxde,mate,/opt/palemoon/palemoon

 

2)
リブート後、自動ログインでなければslimによるログイン待ちになる。この際、F1を押下すると上記の内容が一つずつ表示される。
通常はここでセッションを選択してDEやらWMの支配下に入るのだけれど、アプリケーションを起動することもできる。上記の例ではWebブラウザであるpalemoonを選択可能。

 

 

しかし。
palemoonは問題なく起動するが、以下の操作ができない。
・ウィンドウサイズの変更
WMが動いていないので。但し、ステータスバーを表示していればウィンドウ右下隅にハンドルがあるので、それを掴んで変更可能。
・各種ダイアログが表示されない
やはりWMが動いていないので、ダイアログウィンドウは表示されない。このため、ブラウザの設定変更はabout:configを使うこととなる。
・他のプロセスを起動できない。このため、例えばネットワークに障害が発生したので何かやりたい、とか、ダウンロードしたファイルを他のアプリケーションで開きたい、等といった操作がほとんど不可能。

 

ブラウザを閉じるにはctrl-Qを押下する。これで再びDM(この場合はslim)に戻ってくる。

 

 

自分宛てメモ。

 

Slitazのhttpサーバーは例によってbusybox由来のものである。これでも特に支障は無いのだけれど、リポジトリにlighttpdがあるので試してみる。

 

インストール

 

sudo tazpkg get-install lighttpd
sudo tazpkg get-install lighttpd-modules

尚、パッケージにはssl対応版も用意されているが今回は使わない。

 

 

設定

 

/etc/rcS.conf で定義されている
RUN_DAEMONS に、httpdを削ってlighttpd を追加。

 

/etc/lighttpd/lighttpd.conf
dir-listing.encoding が iso8859-1 になっていてブラウザで文字化けするので、utf-8 に変更。

 

 

公開ディレクトリ

 

http://サーバー/~hoge で ユーザー hoge のホームディレクトリ内にある Public が公開される。Public にて ln -s /etc etc とかやってリンカを作ると、そのままブラウザから辿れてしまう。

 

 

webdavについて


ネットで情報を漁ったところsslを導入すれば使えるようになるらしい。尤も、ダウンロードするだけだったらこのままでも使えるし、アップロードするにはクライアント側にも準備が必要になる。室内LANでは既にftpやnfsやら使っているので恐らく出番なし。

 

 

その他

  • 起動時に vhosts.conf(仮想ホスト用の設定ファイル) が見当たらない、というメッセージを吐くが、lighttpd.confでインクルードしようとして見つからないため。目障りなら削るか、vhosts.confを作るかする。
  • /etc/lighttpd.confが無い、と言われたのでリンカを出した(謎。
  • ps aux | grep httpd で /usr/sbin/httpd がロードされているのが判る。/etc/init.d/httpd stop とやると、httpd is not active.と返ってくるので問題ないと思うけれど。

 

参考URL
http://doc.slitaz.org/en:handbook:webserver

 

本州から北海道へ鉄道旅行した人なら必ず知っている(はず)食堂の店主が無くなったらしい。


名物焼きそば「急行」閉店 88歳店主、厨房で倒れ死去 (Yahoo!ニュース、発信は朝日デジタル)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00000015-asahi-soci

 

以前、青春18きっぷで旅行した時、ここで遅い昼食を摂ったことを思い出した。青函トンネルを潜るには、木古内にて特例で認められている特急に乗り換えなくてはならなかった。降りてみたはいいが駅前はこれといったものがなく、時間潰しに入ったのがこの店だったのではなかったか。

 

店の名前は「駅前飯店急行」 この記事を読むまで、木古内には昔から急行や特急が停車していたものだと思い込んでいた。記事によれば「急行でも止まればいいのに」という願いを込めての命名だった、とか。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。


2006年8月31日、俺が旅行した時の写真。ありし日の「駅前飯店急行」が写っている。
http://ss1200.lomo.jp/18_2006Summer/Aug31/index.html
(※flashなので何ページかめくってみて下さい)

自分宛メモ。

 

音出し系アプリケーション(audacious, clementine等)を実行する際、pulseaudioが動いていないとエラーになる。

 


audacious :
alsaに自動切り替え。その後、「設定」でpulseを選択しようとしても弾かれる。

 

clementine :
再生しようとすると接続エラーを出す。プレイリストに列挙されている曲全てについて、リストが尽きるまで延々と繰り返す。下請けにしているgstが馬鹿なだけかも知れない。

 

 

対策

 

  • Slitaz側で何らかのデスクトップ環境(lxdeやxfce4)を使っている場合

何らかの自動実行機能を使ってpulseaudioを起動しておく。

 

  • デスクトップを使わない場合(ネットワーク越しのヘッドレス運用など)

アプリケーション起動直前にpulseaudioを起動するようにコマンドラインを組む。


問題
「指定したサーバーがautospawnを弾く」とか何とか表示されて起動に失敗する。

 

応急処置
手順1 ~/.config/pulse 以下のファイル全てを削除。
手順2 pulseaudio --start に替えて pulseaudio --daemonize=TRUE で起動。

 

備考
pulseaudioがdaemoizeしているとエラーを返すが無視して良い。気になるなら pulseaudio --check; echo $? 等でdaemonizeしているか調べる。

 

自分宛てメモ

 

/etc/rcS.conf にある、LOGIN_MANAGER を空にしておく。

 


Search

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM