「新宿駅南口」現像同時プリントを4枚並べている。ビックカメラの店内仕上げなので補正無しを強く指定した。

 

 

少しまとまった時間ができたので再び写真を撮ることにしました。まあ、他にもやることはありますが。

 

で、リハビリを兼ねてしばらく135で撮り歩こうかと。こんな時のカメラは小型軽量に限る、ということでNikonEMに50/1.4を付けてフィルム1本撮ってきました。

 

フィルムはLOMOのカラーネガで感度は100です。400は今までも使ってきましたが100は初めて。だいぶ以前に買い込んでいたので使う前に使用期限を調べたのですが、今年の1月に切れていました。いやはや。このフィルムはUSA madeとなっていてフィルムケースがコダックのそれなので、コダックのOEMなんでしょう。プリントを見る限り、ディープシャドーがべったりと潰れ、植栽の緑が子供の頃使った水彩絵の具の「ビリジアン」そのままの鮮やかさ、この辺、ゴールド100によく似ていますが全体のコントラストはそこまで固くないのが、LOMO調なのかも知れません。(個人の感想です。)

 

さて、持ちだしたEMにはマニュアル露出モードがありません。あるのは絞り優先AE、それも旧式のAEロックのかからないタイプ。一応、逆光補正ボタン(単に2段ほどオーバー露出になるだけ)はあるものの、基本的に露出制御はカメラまかせ。これだと撮影シーンによって露出がバラバラになってしまい、うまくないです。

 

で、対策として、バッテリー切れでも撮影できるように用意されているメカシャッターを活用します。これがFEゆずりの1/90秒なのですね。ISO100のフィルムを使うと絞り値の計算が大変やりやすくて好都合です。

 

撮影結果は概ね意図した通りの露出でした。1枚だけ、半段ほどアンダーだったのが惜しかったですが。

 

1/90秒だと早歩きの通行人は少し流れます(被写体までの距離によりますが)。またエスカレーターに乗りながら近い距離(10m位)を狙うと、やはり流れます。どのくらいの距離までが実用範囲かは少し計算すれば判るのですが、まあ、普通に風景や街撮りをする分には問題ないはずです。

 

すっかりその存在を忘れていたのだが、ネットサーフ(死語)していて久しぶりに見つけたので。

 

キヤノンのコンパクトデジカメPowershot及びIXY Digitalの心臓部であるASIC "Digic"をハッキングして遊ぼうというプロジェクトです。

 

Digic が採用されたのは確かPowershot A10/A20 頃からだったと思います。もう10数年前になりますが、当時使っていたNikonCoolpix800の補色フィルタ独特の冴えない発色に嫌気し原色フィルタ採用のカメラを探していて、「これだ!」と飛びついてA20を買いました。今でも捨てずに持っていますよ、動かないけど。

 

デジタルカメラのファームアップデートの仕組みを利用して任意のコードを走らせようとする試みは当時からあって、CoolpixなんかでもRAWを得るのに利用されたりしていた(確かロシア製だったような)と思います。

で、CHDKですがほとんどのPowershotに対応しているのですね。ファームアップデートの仕組みを使っているとはいえファームそのものを改変する訳ではなく、割り込んで拡張する形になっているので、デジカメを文鎮にしてしまうことが無いのがミソです。

 

この手の裏ワザはハイエンドモデルよりもローエンドモデルのほうが威力を発揮します。というのも、ローエンドモデルは差別化の為かDigic本来の性能を出し切っておらず、故に導入前後の機能向上が著しいのですね。

 

手元にはS95とA1400がありますのでA1400で試してみました。S95では特に不自由していないのと、万が一の文鎮化を回避したかったので。

 

導入手順は、


1)SDカード(※)をカメラで物理フォーマット。
2)CHDKのサイト(というかwiki)から、手持ちのカメラにマッチしたファームをダウンロード。
3)PC上で解凍し、
4)展開物全てをSDカードのルートへコピー。
5)SDカードをカメラにセットして、
6)メインの電源スイッチではなく、再生ボタンでカメラを起動。
7)メニューボタンを押すと、メニューの一番下にファームウェア更新の選択肢が現れるので
8)ファームアップを実行

 

こんな感じです。

 

※FAT16でないと動作しないらしいので、SDカードの容量は8GB以下でないとダメらしいです。もしそれ以上の容量のカードを使う

場合はパーテーション分割で8GB未満のパーテーションを確保しなくてはならない、とか。

 

 

スクリプト(luaとbasic)の実行環境が導入されるので、カメラ単体で結構凝った撮影ができそうです。サンプルコードも充実していて、モーションキャプチャとか実用的だと思いました。

 

なお、A1400ではUSBケーブルによるテザーは動作しませんでした。ハード上の制限なような気がしています。A20やA100では当たり前のように可能だったのですが。テザーしたければEOS買えと。

 

参考

CHDK http://chdk.wikia.com/wiki/CHDK

 

先日、リニューアルが終わって2年ぶりに再開した東京都写真美術館を観てきた。

 

「杉本博司 ロスト・ヒューマン」

 

〈今日世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない〉

毎回、モギリのお姉さんから展示案内をもらうのだけれど、今回ほど部屋に戻ってきてから読み返したことはなかった。


 

文章はそれなりに書かれてはいるが、ネタ的には使い古されたものだ。星新一とか。ので、表現の面白さを味わうのが第一で、意味性なんぞ問うてはならない。

 

 

 

「世界報道写真展」
いつもの。毎度のことながら予備知識を強いられる。プリントのコントラストがキツくて見ていて疲れるなあ。

もうほとんど1年ぶりくらいに写真を見に出かけた。かつて受講したワークショップのグループ展(というかほとんど卒展)なのだけれど、今回から開催会場が京橋に変わった。今までは渋谷でやっていたのだが、そこが建て替えとかでしばらく使えなくなった為らしい。自分自身が作品展示した場所が無くなった、というのが何とも現実味がなかったのだが、京橋の新会場まで脚を運んでようやく実感するところとなった。

参加人数は以前よりやや増えているような感じ(DMによれば22名)で、にも関わらず会場が狭くなってしまったため、写真はところ狭しと展示されることとなり落ち着かない。それでも最上階の部屋はややマシといった感じで、おそらくこの会場での一等地ではなかろうか。
かたや辛いのは1階部分と階段壁面部分で、これは作品自体に余程力がないとスルーされそうである。それを回避するにはプリントサイズを大きくすることだが、会場が狭いため作品と観覧者との距離をとりにくいから、やみくもに大きくできない。

渋谷時代の会場(ギャラリールデコ)の使い勝手のよさが偲ばれる。

肝心の作品の方だが、印象に残ったのは最上階にあった、蒲田のスナップショットと、亡命だか何だかで日本にやってきた外国人を撮ったもの。前者はカラープリントで印画紙がラスターだったので理由を尋ねた(但し作家不在)のだが、日頃からラスターを使っているとかで特に意味は無いらしい。生まれ育った街のスナップというのは一見簡単そうで実はかなり難しいと思うのだが、どれも良く撮れていて好印象であった。後者は安井仲治ら神戸のアマチュアが撮った例のあれを彷彿とさせるが、被写体が子供ということもあってか然程重さは感じられない。ブックもあって拝見したが、人物を撮ったものは少なかった。この辺がグループ展の難しいところである。個展に期待したい。
その他、半地下になっているフロアもあって、そこにあったブレブレの写真のキャプションが良かった。写真だけなら特に見るべきものは無いのだけれどキャプションの筋書きが奏功してフォトストーリーとして見ることができた。正直いえばキャプションはもう一息といったところで、これは(俺が指導を受けた頃と変わっていなければ)キャプションは作品の説明書として位置づけられているため、どうしてもクドくなってしまうことに原因があると思われる。最後の段落できちんと説明(種明かしというべきか)があったので、それ以前のところはもっとボカしても良かったのではなかろうか(写真の方はブレていたのだが)。

フィルムと印画紙による制作が多いのもこのグループ展の特徴だが、今回は6x7が多いような気がした。印画紙の縦横比に一番近い、のは効率の点で確かに有利ではある。




京橋へ行ったのはほとんど初めてではなかろうか。どうやって行くかピンとこなくて、丸ノ内線の東京駅から歩いたのだが、有楽町から歩いても然程違いは無いようであった。


 

修理の終わったEMをテストしてみました。結論から書くと、今回買った個体はまあ実用になる、というところです。EMでしばしば問題になる、絞り値検出用及びフィルム感度設定の抵抗器の劣化は今のところ問題ないようです。

試写したのは曇りの日の午後。光線が安定しており、評価測光を用いない昔のAEでもハズレることが少ないコンデションです。
レンズはAi50/1.4, フィルムはISO400カラーネガ(LOMO400)です。


スキャナ(EPSON GT-X970)によるベタ。36コマ撮りの前半です。

とりあえずベタから。使えそうなコマにスキャナドライバの自動調整を掛けてそれをネガ全体に適用しています。コマを見ていくと概ね適切な露出が得られていることが分かります。
赤枠で囲ったコマは空が写りこんでいるため、逆光補正ボタンを使って露出補正を試みています。地面や建物は適切に写っていますが空はとびかかっています。まあ、この程度であれば焼き込みで何とかなるレベルではありますが。



作例1

コマ毎のスキャン時にレベル調整してハイライト部分を復元したものを示します。空に隠れていた建物が現れているいっぽう、地面等はこれ以上暗く出来ないぎりぎりのところといった感じになっています。マスクを作って部分調整すべきでしょうが肝心の絵がどうってことないのが我ながら辛いところです。


作例2

作例2はショーウインドウの中を写したものです。明るめの照明で、AEまかせだと暗くなってしまうため逆光補正ボタンで露出補正しました。結果はご覧のとおりで実際の印象より明るく写ってしまいました。この場合はこれでもおかしくないですし、作例1同様スキャン時に調整可能なレベルではあります。

ということで、逆光補正ボタンは使いこなしが難しいのですが、カラーネガを使う場合はプリントでの補正も期待できますので、EMがターゲットとしている一眼レフ初心者にはこれで充分、ということなのでしょう。

最後に。逆光補正ボタンの使い勝手は非常に悪いです。一般的には左手で操作する格好になり、レンズのピントリングからいちいち手を放さなくてはなりません。これは従来のダイヤル補正方式(フィルム感度設定に同居している方式)も同様です。Nikon機における、ファインダーを覗きながらのシームレスな操作はF-801の登場(1987年)を待たねばなりません。
 

先日、ついふらふらっと中古カメラ店に入ってうっかりNikonEMを買ってしまった。本当は蛇腹カメラの安いのを探していたのだが、どれも予算オーバーだったので。普通は買わずに帰るよね。我ながらどうかしている。

で、80年代の35mm一眼レフカメラがそのままきちんと動作するはずもなく(この点、60年代や70年代初頭のFや二コマートFTNは優秀といえる)、買ってきた個体も要メンテナンスだったのです。
とはいえ、素人が出来ることといえばモルトプレーンの貼り替えくらい。モルトは手持ちがあったからいいが、旧いモルトを除去するのに無水エタノールなんぞを買わなくてはならなかったので総額ではそこそこの支出になってしまった。モルトプレーンの厚さはミラー受け部分は2mm、裏蓋は1.5mmでいいようである。
なお、プリズムの座りを安定させるのに座部にモルトを使っているらしい。なので本来であれば軍艦部分を開けてペンタプリズムを降ろすべきなのだが、ネジが錆びていて簡単には外せそうにないので見送っている。

同系列機のFGと比較してみるとファインダー視野が異常に暗い。AE使用時のシャッター速度表示を見る限りTTL測光は正常に思えるので、元から暗いものと思われる。
また、ミラーアップ時にファインダー像の下辺がうっすら明るく見える。いわゆる光線漏れであり、モルトが正しく貼れていなかったか不安になったのだが、FGでも同様の症状を確認した。今までFGで撮影していて光線漏れで悲惨な結果に終わったことは無いので通常使用であれば問題ないと思われる。通常でない場合、例えばバルブを使って長時間露光する場合は接眼部から光線が回り込むのでアイピースシャッターをかぶせたほうが良い。

AEが絞り優先のみなのはいいとして、AEロックが使えないので実用性は今ひとつである。基本に忠実に順光で撮るしかあるまい。逆光時補正ボタンも用意されているが、シャッター速度が一気に2段も遅くなるのでこちらも実用性は皆無といっていい。FGにもついているが使ったことはない(FGはマニュアル露出で撮れる)。

シャッターM90の場合、日中の撮影であればISO100のフィルムで困ることはない。絞り値は晴天順光で16、明るい曇りで11〜8半、晴天時の日陰で5.6、物陰で2.8、明るい室内で2から2.8といったところか。EM発売当時の単焦点ニッコールなら広角から中望遠までどれでも使える計算になる。


Ai 50/1.4 を装着したEM。ストラップはネックストラップを止めて三脚穴に付けるハンドストラップにしてみた。
 


Powershot S95, ImageMagick


Powershot S95, gThumb, ImageMagick


Powershot S95, ImageMagick
 


Powershot S95, ImageMagick


Search

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM