スーパーイコンタシックス、らしい。型番は521/16。

毎週1本以上は撮ろうと決めているので今日(17日)も街を徘徊しておりました。で、適当に撮って中古カメラ店のウインドウケースを覗いたら、こいつがあったのですな。

速攻で動作チェック。外見異常なし、レンズわずかに曇り、シャッターは1秒と1/100秒はそれらしい動作。値段がやや高かったのだけれど思いきって買ってきました。

イコンタシックスはバリエーションがありすぎて、こいつがどの程度の位置づけかよく分かりませんが、イコンタの特徴ともいえる距離計が省略されているあたり、簡易モデルなのは間違いないでしょう。

それでも、レンズは(本物の)テッサー75mm/3.5 、絞りは22まで、シャッターはコンパーラピッド(1sから1/500s!)と現在でも実用充分なスペックです。

問題は蛇腹でこればっかりは試写してみないと分からない。ということで早速写してみたのですが、既に陽は暮れており夜景ばかりで1本終わってしまいました。現像してみたネガを眺める限りおかしな写りは認められないけれど、スキャンしてみないと確かなことは分かりません。

軍艦部にあるボタンを押すとラッチが外れてレンズボードが展開、同時にファインダーが起き上がる。

フィルム送りの確認は赤窓式。

遮蔽板つき。中国製フィルムでも安心して使える、か?

左 イコンタシックス、右 ADOX GOLF
内容が同じであれば大きさもほとんど変わらない。が、イコンタのほうがレンズが高級(?)な分、ずしりとした重さを感じる。

イコンタはフィールドユース、というか記念写真向けのスペック。対するADOX GOLFはシンクロ付きで屋内使用にも配慮されているといえる、かなあ。

レンズ枠にスリットがある。かぶせ式のフィルターでも用意されていたのか?ともあれ、イコンタの蛇腹が正常であることを祈るのみ。そしてテッサーの描写はいかに?


蛇腹な6x6が2台になりました。これでカラーとモノクロ、通常と増感、光線漏れの有り無し、と同時に取り分けが可能になりましたよ。

前記事でパノラマ写真に言及したばかりだというに、6x6を増やしてしまうのもどうかと思うが612や617が安く転がっていればそちらを買うので。決して一貫性が無い訳ではありませんから。



6x9 のポジをPhotoshopで合成。今俺が求めているのは画角より縦横比、なのか?



最近は中判ばかり使っていてライカ判の出番が減ってます。さらに花とかブツ撮りとかしなくなったのでスピードライトを持ち出すことすらしなくなりました。

スピードライトは使っていないと中に入っているコンデンサーが不活性化して動かなくなります。この辺の事情はカメラ内蔵のスピードライトも同様でして、時々炊いて動作確認しておいたほうがいいでしょうね。


Search

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM