自分宛てメモ

 

/etc/rcS.conf にある、LOGIN_MANAGER を空にしておく。

 

ネットブックにxfce4電源管理を入れました。これにより、電源ボタンとLEDバックライトの操作がやりやすくなりましたが、新たな問題が発生。

 

それは、バックライトが明るすぎるということ。

 

最低に絞って(画面通知では輝度0%と表示される)も、今までの最高輝度に同じくらいの明るさに感じます。

 

試しにデジカメ(Canon Powershot S95)で露出を固定して明るさを調べてみました。leafpadを起動、何も書かれていない無地(白背

景)を、ISO400,1/30s,絞り2.8(日没後の室内、例えば食卓を撮る際の設定)で測光したところ1段オーバー。室内で使うには必要充分、動画再生も(輝度的に)大丈夫です。

 

この時の輝度0%、何を見ているのかというと /sys/class/backlight/acpi_video0/brightness 。ちなみに max_brightnessは10でした。11段切り替えで最大輝度にすると、ちょっとLEDバックライトの寿命が縮まりそうな位のまぶしさ。日中の屋外でも視認できるでしょう。バッテリーがないので確認しようがありませんが。

 

デジカメの露出計を頼りに同じくらいの明るさになるように/sys/class/backlight/intel_backlight/brightness に値を書き込んでいったところ、15で概ね同じ輝度を得ました。こちらのmax_brightnessは125です。11分の1も、125分の15も大差ありませんので間違ってはいないようです。

 

しかしxfce4電源管理を導入する前はキーボード押下(Fn+F5 or F6)にて、F5連打で最小にしてから3、4回程度F6を打ってちょうどいい位の輝度にしていました。今それをやると、画面通知で輝度40%とか60%と表示され、かなりの明るさになります。40%だと露出計は2段オーバーです。念のためintel_backlight側にも値を書き込んでみましたが50で概ね同じになりました。125×40%=50なので合っています。

 

どうも上限値のリミッターが外れて大きく伸びている、といった感じがします。明るすぎます。バッテリー動作では消費電力にも影響がでそうです。使えるバッテリーがありませんので関係ないですが。まあ、0%まで絞り込めば何とかなりそうなのでこのまま使ってみましょう。

 

自分宛メモ

 

かつて動作していた無線LANが動かなくなったら

 

PCによってはドライバがキーボード操作によるモデムのON/OFFを管理したりするので、誤操作で電源を落としていないか本体のLED等で確認する。
/etc/wpa/wpa.conf あたりをチェックする。ゴミが混じっていてエラーになる場合がある。この場合、ブートログにメッセージがある。

 

自分宛メモ。

 

xfce4のサイトから電源管理アプリケーションをもらってきてビルド。LinuxMint(xfce)なんかには最初から組み込まれているのだが、Slitazには見当たらなかったので。

 

http://archive.xfce.org/src/xfce/xfce4-power-manager/
xfce4-power-manager-1.4.4.tar.bz2

 

1.5以降はgtk3を要求される(と思われる。一つだけしか試していない。)ので、これがgtk2では最終バージョンと思われる。

 

いつものコンパイラオプション。
export CFLAGS="-mfpmath=sse -march=atom -mtune=atom -mssse3 -O4"

コンフィギュレーションはこんな感じ。upower を要求されたのでリポジトリからインストールした。
./configure --prefix=/usr --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var --disable-debug -
-enable-xfce4panel --enable-lxdepanel

 

これで電源ボタン押下でセッションログアウトのダイアログ(xfce4-session-logout)が表示されるようになった。LCDバックライトの輝度調整も正常に動作した。自作もしていたのだが、そっちはお蔵入である(※)

 

以前から気になっていたのだが、このダイアログがLinuxMint(というか、おそらくdebian系xfce)とはちょっと違っていて、サスペンドとハイバネーションの選択肢が無い。

ついでにこちらもビルドして(xfce4-session ver4.11.0)みたが結果は変わらなかった... OS側のサポートを見ているのかも知れない。

 

 

※ネットブックだけかも知れないが、/sys/class/backlight/intel_backlight 以下に設定するのと、キーボード押下(Fn+F5 or F6)による輝度調整とでは管理している場所が違うらしく、きちんとしたものを書こうとすると結構煩わしい。

 

 

自分宛てメモ。

 

BIOS設定画面にWake-on-LAN、あるいはWoL等と書かれていなくても、「PCIほげほげ」等と書かれている項目があれば、弄ってみること。

 

これでEndeavor NP11の電源管理がやりやすくなった。今まで放置してきたこと自体、自分でも意外だが、忙しかったんだろう、多分。翻って、今はそれだけ暇、ということだ。

 

 

マジックパケットを送り出すコマンドは、Debian系ではズバリ「wakeonlan」である。

 

久しぶりにジュンク堂に行って呆然と書架を眺めていて見つけた本がこれ。

 

Processingをはじめよう 第2版 オライリー・ジャパン ISBN978-4-87311-773-7

 

 

これ以上覚えること増やしたくなかったので今まで見送ってきたのだけれど、少し時間ができたので試してみることにしました。肩のこらないプログラミングになる、といいなあ。

 

ダウンロード時、ブラウザのuBlockを切っておかないとダウンロードが始まりません。ドネーションのページ(しかも、以前は存在したらしい、寄付しない、という選択肢が見当たらない!)しか表示されなくて、気づくまでかなり焦りましたですよ。

 

 

自分宛てメモ

 

今のところ、Slitazのpulseaudio(8.0)でネットワーク越しの音声再生はできない。これは、pulseaudioの構築時にzeroconfサポートを無効にされている為である。

尚、pulseaudioではspeexを強く推している。

 

zeroconf実装であるavahi(0.6.32)のビルドとインストールを試みたところ、

 

依存
libdaemon  --- debianからソースを貰ってきてインストール

これでmakeは通るのだが、いざavahi-daemonを起動しようとするとnss-mdnsが動いていない、と宣って終了する。

 

nss-mdns
http://0pointer.de/lennart/projects/nss-mdns/
0.10を落としてビルドしてインストール。

 

avahi-daemonを起動すると、

dbus-daemonがセキュリティポリシーとやらでavahiを弾く。

python2では、Unicodeの面倒をどこまで見るかは実装次第(と言い切ってしまうと少し乱暴だが)なところがある。

 

例えば同じ青空文庫のファイル(白羊宮、薄田淳介)を表示してみると、

 

Slitaz rolling(32bit)

 

LinuxMint18(amd64)

 

異字体の混在についての注釈で、Slitazでは変換せずに青空文庫形式の注釈のまま表示している。SlitazのPython2はUnicode5桁の文字は面倒見ないので。

 

この辺の問題はPython3では解決されている(らしい)。移行するのが正しい態度だが、滅多に遭遇しないのでこのままにしてある。

 

なおLinuxMint18では、青空文庫リーダーに使っているRounded Mgen+ に収録されていなくて(おそらく)花園明朝から引っ張ってきていると思われる。

 

 

ここ暫く取り組んでいた、「音出しサーバーの遠隔操作 with Pulseaudio」は取り敢えず実用域に達した。

 

未だ解決していない問題もありますが。特にpulseaudioが蒸発(?)する件は謎である。

 

それと当たり前だがALSA単独で動かしていた当時に比べると、サーバーの負荷が大きくなっている。pavucontrolが常時動いているのが無駄である。これはpulseaudioの蒸発を回避するためデスクトップ起動時に仕掛けてあるのだが、無いと困るのは今のところclementineとmpdなので、これらの起動時に先行して動くようにスクリプトを書いてやったほうが良いのかも知れない。

 

clementineでSpotifyがアクセスできなかった問題もいつの間にか直っていた。やはりSpotify側の都合だったらしい。clementineでの検索結果と、LinuxMint上のSpotify純正アプリケーションでのそれとでは内容が異なっている気もするが、この辺は著作権管理への対応に関係しているのかも知れない。

 

まあ、個人的には極端なオーディオマニアという訳ではないし、そもそもmp3で音質的には最初からBFだし、在室中に何かしら音が鳴っていれば良い、というレベルなので現状でも充分ではある。

 

 

さて、残る問題はBluetoothだ。Slitazのリポジトリに登録されているモジュールは今ひとつ実用的でない。道のりは険しい。

 

自分宛メモ


室内LANにおける、音だしサーバーについて。

以下、音だしPCをサーバー、それ以外のLAN端末をクライアントとする。

 

クライアントからサーバー上のアプリケーションを起動して音を出す

/etc/pulse/default.pa
load-module module-native-protocol-tcp auth-ip-acl=127.0.0.1

SSHでサーバーにログイン後、(あらかじめ -YC 等でX11ポートフォワードを有効としておく)
端末にてset PULSE_SERVER="127.0.0.1"


サーバー上でpulseaudioがすぐに終了してしまう現象について

症状

何らかの方法(例えば.xinitrc)で自動起動を仕掛けても数秒で終了してps等では見えなくなってしまう。
サーバー上でpavucontrol,mplayer,audacious等は起動時にpulseaudioを再起動するので見掛け上問題ないが、clementineは(フレームワークであるgstreamerが)pulseaudioの面倒を見ないらしく、音が出ない。
また、クライアント側からアプリケーションを起動しても同様に失敗するか、または、サーバーを探しにいってそのままとなる(pavucontrol等)。

 

原因

不明。バイナリ構築時に何か設定がされているのか?

 

取りあえずの対応

~/.config/lxsession/LXDE/autostart
@pavucontrol

サーバー側のLXDEの起動と同時にpavucontrolを起動させることで、pulseaudioを動かし続ける。

 


Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM