今までいっさいApple製品を使ったことありませんでした。Apple][は勿論、近年のiPhoneやiPadも含めて全部。理由は何といっても値段が高い、Macでないとできない(あるいはMacを使ったほうが良い)という業務は多いがそれらに関係してこなかった、オープンソースで遊ぶならLinuxやBSDの方がやりやすい、等など。

なのですが、デジタルポータブルオーディオの分野では一日の長があるのも確か。NetMDがリタイアさせてから長らく代替機が欲しかったこともあり、もっとも廉価なiPod shuffleを買ってきたのですね。

現行製品は第4世代と呼ばれるもので、その中でも比較的新しい(かも知れない)スペースグレーを選んでみました。

LinuxでApple製品と連携する方法はいくつかあるのですが、いずれも一筋縄ではいかないようです。仕様が公開されていない工業製品を相手にするのだから当然といえば当然。
それらの中で一番軽そうなgtkpod というものを試してみました。最初、リポからインストールしたのですが、これがgstreamやらwebkitやらgtk3やら呼び込んででかいのなんの。そしてPuppyLinux571JPでは動作しない。設定しようとすると落ちるんですね。
しかたないのでwine経由でiTunesを入れてみましたが、案の定動作せず。wineHQでもガベージ判定のようです。ただ、バージョンによってはgoldだったりするようです。今回は深く追求しません。

このままだと単なるUSBメモリで終わってしまうので、ネットブック上のWinXPにてiTunesをインストール、とりあえず動作確認して終了。こんな危なっかしい環境いつまでも使っていられない。

gtkpodはPuppyLinux向けにpetがあることが分かり、それを入れたところ何とかエクスポートすることに成功しました。やれやれ。

そのほか、丸1日費やして分かったことなど。

・Apple製品との通信について
→shuffleはマスストレージとしてマウントされますので問題ないのですが、他の機器(iPhoneとか)ではusbmuxdとかいうのを使うらしい。試しに起動したらPCに繋いでいたUSB機器(マウスと無線LAN)がダウンしました。いったいどういう仕様なんだろうか。

・以前から分かっていたことだが、mp3へのエンコードにffmpeg(571JPではavconvもあります)を使うとタグの日本語が文字化けする。
→ ネット上にffmpegのパッチがあったので、ffmpegのソースをDLして自前でビルドしようとしたのですが設定すべきオプション(コーディックの有 効・無効に関するもの)が多すぎて断念。EasyTAGという定番ツールがあるということなのでそれをリポからインストールしました。

・shuffle.py と python-mutagen
→iTunesやgtkpodと互換性がなくなるのですが、shuffle.pyというツールもありました。これはiPod shuffleにmp3ファイルをコピーした後、実行するとデータベースを作成するという分りやすいもの。pico2wave を併用するとvoiceoverも可能とか。なお、voiceoverに関してはコマンドラインオプションで無効にできるのですが、こうすると本体内に既存の音声(充電状況とか)も再生されません。

結論
興味本位で買ってきましたが、日頃flacしか使わないのでshuffle用にいちいちmp3へ変換するのは2度手間以外の何物でもありませんな。
iTunesに慣れた人なら(かなり相違がありますが)gtkpodは選択肢なんでしょうけど、個人的には余りメリットなし。udevやshuffle.pyを併用して自前でエクスポートツールを組むことになりそうです。

H8/300H で遊ぶのに必要なUSB-シリアル変換ケーブルについて、書き忘れていたようなので。自分宛メモ。

パーミッションで弾かれないように。OSはPuppyLinux 571JPです。
/etc/udev/rules.d に 51-usb_serial.rules とか作る。
内容は
KERNEL=="ttyUSB*", MODE="0666"

以上
 


とりあえず、ブレボで実験中。今度はVCとバー・アンテナの組み合わせが適正なので中波全域をカバーできる、はずです。


ストレートラジオ第2段です。とりあえず、何の変哲もない、ソース接地回路です。ソースにVR(100k)が入っていますが、動作点を弄ってグリット検波とプレート検波いずれかを試せるようにしたためです。


電源電圧は7.2Vです。VDSに6V以上使うつもりなので。

一応、低圧向けにID-VDSカーブもとってみました。電流計がちゃちで細かく読めなかったのですが、まあ、ラジオを作る位なら充分でしょう。

尚、手元の石のIDSSを測ってみたら4.8mAから6.8mAまでばらばらでした。FETのIDSSは同じランクでもかなり幅をもたせてありますので、チェックしておいたほうが良いでしょう。

回路の動作ですが、ID2mAを目標にしました。実際は1.7mA程度になりました。出力にはとりあえずセラミックイヤホンを繋いだのですが、TBSやAFNは耳が痛くなるほどの音量で鳴ってくれました。
それから、プレート検波どうよ、と思ったのですが今のところ余り変化が感じられません。

 

ここしばらく、週1ペースで秋葉原に通ってます。
テーマはラジオ。コンピュータを使った工作よりラジオやオーディオといったアナログ回路のほうに面白みを感じるのんで。雀100迄踊り忘れず、とは良く言ったものですな。

で、ラジオに欠かせない部品であるバリコンとバーアンテナをメインターゲットに主だった部品店を徘徊したのですが、これがなかなか、思うような製品に巡り会いません。

まずバリコンから。ネット上で散見される粗悪なポリバリコン(ベゼル(?)が黒、使っていると絶縁体のポリフィルムが定位置からずれてモシャモシャになるやつ)はどこにでもありますが、良品を扱っているのはラジオデパート3階の店だけでした。ここにはミズホ通信のポリバリコンも在庫してます。これはいわゆるハイポリバリコンの末裔で空回りしない延長シャフトも付属します。が、値段はレギュラー品の倍。手持ちが一つあったので買いませんでした。

続いてバーアンテナです。スーパー用の大型のものはラジオデパートにありました。以前はストレート向けも数種類置いてあったような覚えもありますが、今回は見つけられませんでした。代わりにフェライトバーが数種類並べてあったので、必要なら自分で巻け、ということなのかも知れません。余談ですがスーパー用のバーアンテナは磁気飽和しやすいようで、再生をかけるとチューニングがどこかへ行ってしまうものがほとんどです。結局、ストレート向けのものは千石でしか見つけられませんでした。

そのほか、AカーブのVRも以前はアルプスの16Φがどこにでもあったものですが、今回はS付の教材向けを見つけただけに留まりました。探し方が甘いのかも知れません。

あと、買いませんでしたが未だにFCZコイルの店頭在庫があったのは驚きでした。リグの自作なんて今日び流行らねーんだよ、ボケ!とか言われそうですが、何か寂しかったです。

 

長年、インテルアーキテクチャ(IA32)に毒されているので。ラズパイのアップデートよりこちらに期待していたのですが。


Galileo Gen 2
IA32(というか、Pentium互換)のボードコンピュータです。初代が早々に終了したので2代目に期待したのですがペリフェラルの強化が主で、肝心のCPUは従来と同様(Quark SoC X1000で、400MHzで動作するシングルコアCPU)とか。

確かに組み込みLinuxを動作させるには充分なスペックかもしれません。そもそもラズパイがどこまでもPCなのに対して、Galileoは組み込み向けCPUボードですから比較すること自体ナンセンスではあります。

しかしなあ、と。
もう少しやる気だせよ、Intel、と言いたくなるのは俺だけだろうか。

 



承前。

ちゃんと変調器のモジュールが用意されてました。だよなあ。
で、変調率はどこで弄るのでしょうか?

まあ、LTspiceは回路規模の制限がないそうなので、必要であればAM変調回路を組んでしまえば良いのですが。

 


シンボルv1outが見つからない、といわれてしまう。なお、B1の計算式はダミーです。
(追記 式が間違ってます。済みません。)


ここ数日、LTspice を弄ってます。フリーで使えて参考資料も揃っており、アマチュアが個人で使うならこれ一択なのかも知れません。
gEDAも試したのですが、ネットに転がっているspiceモデルを流用しようとしてエラーになったりしたので。エラー吐いて止まればいいものの、guiに戻ってこなかったりします。log見るまで気づきませんでしたよ。

で、検波回路の検証をやろうと思い、AM信号源が欲しいなあ、と思って調べたらビヘイビアモデルとかいうのを使って複数の電圧源を組み合わせて作るそうです。

早速試してみたのですが、シンボルが見つからないとかで動作しません。やり方が間違っているのか?あるいはwine経由で動かしているからか?

LTspice のヘルプには Running Under Linux という項目もあって wineでの動作を確認しているのですが。


そのヘルプの最後の一文

"Every Linux user you ask will tell you that LTspice runs better under Linux than Windows."
(あなたが求めるすべてのLinuxユーザーは、LTspiceがWindowsよりもLinuxでより良い動作することを教えてくれます。)

遠回しにLinuxユーザーを馬鹿にしているような気がしますが多分気のせいでしょう、きっと。

 


Search

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM